仮想通貨市場は「ビットコインETF」の思惑先行、相場に影響与えるポイントは

金融市場とマクロ経済米ニューヨーク原油市場では、一時1バレル=82ドル超となり、2014年10月以来、およそ7年ぶりの高値まで値上がりした。コロナ禍における経済活動の再開で需要が跳ね上がったこと、石油輸出国機構とロシアなどの非加盟産油国で構成する「OPECプラス」が原油の追加増産を見送ったことなどが背景にあると指摘される。原油高騰によるコスト増加の影響は多岐に及び、企業業績が悪化するとの懸念も広がったほか、ガソリン価格の上昇や世界各国で石油を使った工業製品や食料品などの物価上昇が顕在化しつつある。経済下支...
Source: 仮想通貨ニュースサイト

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました