高値更新のビットコイン58000ドル台に、CME先物市場で機関投資家が強気傾向

金融市場とマクロ経済米連邦公開市場委員会(FRB)が13日に公表した9月連邦公開市場委員会(FOMC)会合の議事要旨にて、テーパリング(量的緩和縮小)の開始時期を11月半ば〜12月半ばで概ね一致したことが明らかとなった。「景気回復が順調に進めば、2022年半ば頃までに完了する段階的なテーパリングが適切」としている。米国は現在、新型コロナウイルス感染拡大による経済立て直しを根拠に、月間1200億ドルの資産購入しているが、インフレ率が目標の2%を大きく上回っているほか、物価上昇などインフレ及びスタグフレーショ...
Source: 仮想通貨ニュースサイト

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました