イーサリアムL2ソリューション「Arbitrum」、超高速版のNitroを発表

より高速の「Arbitrum Nitro」仮想通貨イーサリアム(ETH)のレイヤー2ソリューション「Arbitrum(アービトラム)」は12日、桁違いに高速とするネットワーク「Arbitrum Nitro」の開発に取り組んでいることを明かした。Arbitrumは、現在NFT(非代替性トークン)やDeFiの利用増加によって高騰するイーサリアムのネットワーク手数料(ガス代)と低下するネットワークの処理速度を改善するために開発されたレイヤー2技術で、8月に「Arbitrum One」という第一号のメインネットが正式にローンチされた。Arbitrum Oneは極めて低い手数料と圧倒的な処理速度をユーザーに好まれており、運用のためにロックされた仮想通貨の総価値であるTVL(Total Value Locked)はローンチ後42日で、2,100億円と記録された。出典:L2BEAT今回、明かしたのは、新バージョンのネットワーク「Arbitrum Nitro」というもので、WASMとGethをもとに構築されている。WASM(WebAssembly)とは、ウェブブラウザーで動作し新たな機能と大幅なパフォ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました