XRPが時価総額でETHに負けたのは、SECによる有利な扱いのため=リップルCEO

リップルの最高経営責任者であるブラッド・ガーリングハウス氏は、イーサリアムが時価総額第2位の仮想通貨になったのは規制当局による有利な扱いのためだと主張している。
Source: cointelegraph

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました