リップル社、中東地域で初のODL導入へ

中東初のODL導入事例リップル社は26日、中東地域のブロックチェーン企業Pyypl社が暗号資産(仮想通貨)XRP(リップル)を利用するODLを導入することを発表した。まずはアラブ首長国連邦(UAE)での国際送金で利用する。ODL(オンデマンド・リクィディティ)はリップル社の提供するプロダクトの一つ。従来の国際送金では現地通貨を事前に保管しておく必要があるが、仮想通貨XRPをブリッジ通貨として利用することで、送金コストの削減や時間短縮などにつながるとしている。XRPが現地に到着した際に、法定通貨と交換する仕...
Source: 仮想通貨ニュースサイト

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました