テザー社がFATFのルール対応へ 国際送金にNotabene社の技術を試用

トラベルルール準拠のためのソリューションステーブルコインUSDTの発行企業テザー社は26日、金融活動作業部会(FATF)が推奨する「トラベル・ルール」準拠の対策として、Notabene社の技術を試験的に導入すると発表した。関連:初心者にもわかるステーブルコインとは|特徴やユースケースを解説トラベル・ルールとはトラベル・ルールとは、資金洗浄等防止のため国際的な電信送金に関するルールで、仮想通貨取引所などのサービス・プロバイダー(VASP)に、送金者と受取人の情報を収集・交換し、その情報の正確性を保証すること...
Source: 仮想通貨ニュースサイト

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました