【特集・ビットコインETF】米国の先を走るカナダ、ドイツ、スイス

米証券取引委員会(SEC)が承認した初のビットコイン先物ETF(上場投資信託)が19日、取引を開始し、暗号資産(仮想通貨)市場はそれを受けて値上がりした。米資産運用会社プロシェアーズ(ProShares)が手がける「プロシェアーズ・ビットコイン・ストラテジーETF(ProShares Bitcoin Strategy ETF:BITO)」は、ニューヨーク証券取引所で取引されている。承認されたこのETFが実際にはどんなものなのか?このような商品にどれほどの潜在的需要があるのか?関心の高さを測る方法の1つは、世界中の他のETFがどのようなパフォーマンスを見せているか、そして投資家がビットコイン投資商品に実際に何を求めているのかを検討することだ。今回SECが承認したETFは、先物ベースの投資商品であり、原資産を保有するものではない。先物ベースのETFは、ビットコイン(BTC)そのものではなく、ビットコインのデリバティブと連動している。CoinDeskの別の記事から引用すると、「ビットコイン先物は、優勢な市場心理によっては、ビットコインのスポット価格から逸れるかもしれない。つまり、ビットコイン

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました