露ハッカーがYouTubeチャンネルをハッキングし、仮想通貨詐欺をライブ配信するアカウントに変更=Googleレポート

GoogleのThreat Analysis Group (TAG)が発表した新しいレポートによると、YouTubeクリエイターに対する継続的なフィッシング攻撃が行われており、仮想通貨詐欺を放送するためのチャンネルがハッキングされ、販売されていることが明らかになった。TAGによると、これらの攻撃は、ロシア語圏で募集されたハッカーグループが行なっているという。乗っ取られたYouTubeチャンネルは、最高額の入札者に売却され、暗号通貨詐欺の放送に使用されている。「乗っ取られたチャンネルの多くは、仮想通貨詐欺のライブストリーミング用にブランド変更されていた。アカウント売買市場では、乗っ取られたチャンネルは、登録者数に応じて3ドルから4,000ドルの範囲で取引されていた」YouTubeアカウントは、Cookie盗難マルウェア(被害者のコンピュータ上で検出されずに実行されるように設定された偽のソフトウェア)を使ってハッキングされた。ハッカーはYouTubeチャンネルの名前やプロフィール写真、コンテンツを変更して、大手ハイテク企業や仮想通貨取引所の企業になりすましているという。攻撃者はこうして企業

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました