【リップル社3Q報告】仮想通貨XRP、DeFi活用例など

リップル社の3Q報告米リップル社は29日、2021年3Qについて、四半期毎に配信しているレポートを発表。暗号資産(仮想通貨)XRP(リップル)の売却状況や活用事例、SECとの訴訟の進展などをまとめた。3Qの総括リップル社は3Qの仮想通貨市場について、NFT(非代替性トークン)市場が引き続き活発であることに言及。イーサリアム(ETH)がこれに恩恵を受けている形だが、ガス代(手数料)の高さにより、他のブロックチェーンもシェアを拡大していると指摘した。関連:初心者でもわかるAvalanche(アバランチ)とは|注目すべき点や将来性を解説第3四半期は、Avalanche、Solana、Terraなどイーサリアムの競争相手となるチェーンや、Polygonなどのレイヤー2ソリューションも台頭し、それらのトークンが史上最高値を更新したことも特徴的だったとしている。関連:Polygonとは何か?成長戦略を動画で解説【CONNECTV】取り締まりの状況リップル社は、中国の取り締まり強化による、ビットコイン(BTC)ハッシュレートの下落は7月初旬に底を打ち、カザフスタンや米国などでマイニングファームが操業

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました