シンガポール、100超の仮想通貨関連企業が事業認可を取得できず

仮想通貨のリスクを懸念シンガポールで事業の認可を申請している暗号資産(仮想通貨)関連企業176社の内、103の企業は非承認と判定されるか、申請を取り下げたことが分かった。『NikkeiAsia』が報じた。対象の企業が申請していたのは、同国中央銀行「MonetaryAuthorityofSingapore(以下、MAS)」が付与する「デジタル決済トークンサービス事業」の認可。MASはブロックチェーン技術を支持しているが、同時に仮想通貨がマネーロンダリングに悪用されるなどのリスクを懸念しているという。シンガポ...
Source: 仮想通貨ニュースサイト

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました