SWIFT、22年1Qにトークン化資産市場の相互運用を実験へ

SWIFTの新たな試みSWIFT(国際銀行間通信協会)は21日、トークン化資産のマーケットにおける相互運用の実験を、2022年1Q(1月から3月)に行う計画を発表した。今後10年の間に、トークン化資産と従来の資産が共存するようになると予想。様々な技術や規制のルールが混在するようになると、取引が非効率になるなどのリスクが予想されるため、SWIFTが仲介者としてマーケットをサポートできないか探るという。
Learnaboutourcollaborationwith@Clearstream,@NorthernT...
Source: 仮想通貨ニュースサイト

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました