オンチェーンから来年のビットコイン(BTC)価格を考えてみる | ビットバンク マーケット情報

どうも。長谷川です。2021年もあと数日となったので、今年のビットコイン(BTC)相場の振り返りと来年の見通しをオンチェーンデータを交えてお話しさせていただこうと思います。2020年末のビットコインは、それまでの史上最高値だった240万円を実に3年ぶりに更新して、壮大な返り咲きを演じて幕を閉じた訳で、自分もかなり浮き足立っていたのを覚えています。「2021年は10万ドル(約1,141万円)到達は余裕だろうなぁ」と思いつつ始まった今年のビットコインでしたが、12月22日時点で相場は550万円台中盤で推移しており、ちょっと恥ずかしいです。第1図を見てもわかるように、2021年は幸先の良いスタートを切って2月には年初来100%の上昇を記録し、4月にはコインベースのナスダック直接上場で700万円台に乗せたビットコインでしたが、テスラのビットコイン決済停止と中国のマイニング禁止令で、ビットコインは売り叩かれる展開になります。当時は出来高とボラティリティ(変動率)が急激に上昇し、複数の国内外取引所でシステムエラーが発生したのが懐かしいです。
カテゴリ: 調査レポート | 記者: 長谷川友哉
So

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました