東京海上、ステーブルコイン利用の貿易決済システムを開発か

貿易決済システムにステーブルコイン活用損害保険企業の東京海上日動火災保険株式会社は、米ドルペッグのステーブルコインや電子化した船荷証券を利用し、貿易代金の送金を即時にできる仕組みを構築していることがわかった。日本経済新聞が報じた。ビットコイン(BTC)などの暗号資産(仮想通貨)はボラティリティ(価格変動率)が大きいため決済には向かないと判断し、米ドルに価値が紐づけられたステーブルコインの利用に至ったという。関連:ステーブルコインとは|特徴やユースケースを解説世界初の取り組み同社は、NTTデータやブロックチ...
Source: 仮想通貨ニュースサイト

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました