ENS(イーサリアム・ネーム・サービス)と分散型IDの違いとは

分散型IDとENSの違いを解説今年はブロックチェーン関連のプロジェクトにとって忙しい1年でしたが、中でもイーサアム・ネーム・サービス(ENS)には多くの注目が集まりました。ローンチ以来、ENSは広く利用され、統合されたブロックチェーンドメイン名の標準となりました。現在、20万人以上のユーザーがENSを利用し、51万件以上のドメイン名が作成されています。さらに、ENSは300以上のアプリケーションに統合されています。大まかに言うと、ENSのドメイン名も一種の分散型IDに属すものです。ENSはドメインネームシ...
Source: 仮想通貨ニュースサイト

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました