ビットコイン相場分析 : ビットコインは12月からのレンジ内で推移、短期では安値を試す展開に | ビットバンク マーケット情報

1月3日のビットコインの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、全てのオシレーターがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日のビットコインは1.7%下落し2日連続の陰線を記録しました。移動平均線の下位での推移が続いています。終値は536.2万円でした。オシレーターのCCIは-65で推移。Fisherは遅行線を下回り下落中です。MACDはマイナス域で遅行線を上回り推移しています。ADX(24)は下落傾向にありトレンドが弱いことを示唆しています。昨日は下落トレンドの流れを引き継ぎ売られました。530万円から515万円の間近安値を試す展開となりました。上値が重く、弱いプライスアクションが見られます。オシレーターは短期で下落傾向にあります。一方、長期オシレーターのMACDは上昇しており、オシレーターは強い方向感を示せていません。ビットコインは弱いチャートを形成しており、現在はレンジ安値付近で推移しています。ボラティリティは下落しており売り手にも疲れが見られ難しい状況です。テクニカルは全体的に弱気を示唆しているものの、相場に強い流れがないため売りポジションにも注意が必

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました