楽天経済圏でビットコインが循環する:DeFi、ステーブルコインはどうする?

Eコマース、ネット銀行・証券、クレジットカード、モバイル(携帯)……事業のすそ野を広げ、22兆円のグローバル流通総額を記録する楽天グループは、「楽天経済圏」を拡大させている。グループの中で楽天ウォレットは、ブロックチェーンを基盤技術にする暗号資産(仮想通貨)の取引サービスを運営し、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などの主要コインを取り扱う。北米や欧州では過去2年、企業や機関投資家による暗号資産市場への参入が相次ぎ、世界のクリプトマーケットをけん引する2大市場となった。日本では、暗号資産の取引市場の成長ペースが緩やかなカーブを描いているが、取引サービスを手がける交換業者の数は増え続けてきた。楽天ウォレットはいかに事業の拡大を図っていくのか?ビットコインや暗号資産取引サービスは、楽天経済圏のエコシステムでどう活かされていくのか?楽天ウォレットの山田達也社長と、同社マーケティング部長の小林勉氏に話を聞いた。楽天グループの電子マネーと暗号資産との相性──北米と欧州の企業や機関投資家、金融機関による参入が相次ぎ、暗号資産のグローバル市場は2021年に、大きく成長しました。この市場環

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました