ビットコイン相場分析 : ビットコインは安値を更新し一時490万円を記録し下落トレンド続く | ビットバンク マーケット情報

1月6日のビットコインの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、全てのオシレーターがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日のビットコインは0.8%下落し5日連続の陰線を記録しました。一時492万円まで下落する場面がありました。終値は500.7万円でした。オシレーターのCCIは-178で推移しています。Fisherはマイナス域で下落が続いています。MACDは今週デスクロスが発生し下落が再開しました。下落していたADX(26)は上昇に転じており弱気トレンドの発生を示唆しています。昨日のビットコインは下落トレンドの流れが継続し続落。間近安値を更新するなど弱い値動きが見られました。オシレーターは全て下落しており弱気のモメンタムを示しています。長短期のインジケーターが下落しておりテクニカルは続落を示唆しています。ビットコインのチャートは全体的に弱気なチャートを形成しています。高値と安値共に切り下げています。現在のところ買い戻される様子もないため引き続き下落に警戒が必要です。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
Source: ビットコインニュース

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました