2022年のイーサリアム(ETH)、2021年以上に飛躍する1年になる!?

2021年はイーサリアム飛躍の年へイーサリアムは今までにおおよそ1年に1度の頻度での大型アップデートを行ってきましたが、2021年はイーサリアム2.0を含めて4度のアップデートを行いました。4月:ベルリン→EVMの調整8月:ロンドン→EIP-1559の導入10月:アルタイル→バリデータ報酬の整理12月:アロウグレイシャ→ディフィカルティボム調整特に大きな変化となったのは8月のロンドンハードフォークによるEIP-1559の導入です。EIP-1559では支払う手数料を決める「ガス代」の操作をマイナーが行うことができなくなり、シンプルな実需要が上がるほど支払われた手数料がバーン(焼却)される仕組みです。またイーサリアム上に展開する新たなネットワークレイヤーであるL2のArbitrumやOptimismもローンチしており、2021年はL2黎明期となったと言えるでしょう。2022年はETHを約1.4兆円焼却かEIP-1559では支払われたガスが焼却されて市場から消えていき、2021年8月のローンチから現在のレートで仮定すると1日平均で8640ETHとなるため8640ETH * 365日 = 31

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました