パウエル再任公聴会にサプライズなし 高インフレでも4万ドルは守か | ビットバンク マーケット情報

11日のビットコイン(BTC)対円相場は105,822円(2.19%)高の4,934,458円と反発し、週末から続く安値圏での揉み合いからの上放れを試す展開。本邦が3連休最終日となった週明け10日の米市場で、BTCは一時的に40,000ドル(461.2万円)を昨年9月ぶりに割り込んだが、節目を割り込んだことで安値拾いの買いが入った他、米株の反発も相場の味方となり同水準を即座に回復し480万円台まで戻すと、11日東京時間にはジリ高を演じ490万円にタッチした。これにより42,000ドル台に乗せたBTCは、海外時間に入ると戻り一服感もあってかジリ安に転じ、一時は東京時間の上げ幅を掻き消す場面もみられたが、この日行われたパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の再任公聴会で、追加のタカ派サプライズが出なかったことや、公開が遅れていた暗号資産(仮想通貨)についての報告書を数週間以内に公開する見通しを示したことが材料視され、BTCは490万円台に乗せた。足元では、43,000ドル(495.8万円)絡みで上値を抑えられている。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
Source:

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました