ビットコインのクジラ、年末年始も休まず──米コインベースで活発な取引

24時間365日動き続ける暗号資産(仮想通貨)市場と同じように、一部のトレーダー、特に一部のクジラ(大口保有者)は年末年始も休まなかった。暗号資産取引データ会社のカイコ(Kaiko)によると、先週(年末年始)は全体的な取引高は減少したものの、一部のトレーダーが暗号資産取引所コインベース(Coinbase)でビットコイン(BTC)の大口取引を行い、コインベースの取引高を急増させたという。なかでも、注目すべきは12月30日に行われた取引で、ビットコインは一時的に強気に転じた。5ビットコイン以上の取引を取引所別に表したカイコのグラフを見ると、12月30日、コインベースのシェアは45%から68%に急上昇している。大手取引所の取引高シェア(Kaiko)カイコのクララ・メダリー(Clara Medalie)氏によると、これは異常なことだという。コインベースがこれほど高いシェアとなることは「決してなかった」と同氏は指摘した。通常の市場環境では、取引所は日々、比較的安定したシェアを維持している。「12月は価格が低迷したため、トレーダーは今すぐに大口の買い注文を行おうとしたのかもしれない」とメダリー氏は

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました