ビットコイン500万円台回復、オンチェーンデータで複数のシグナル

仮想通貨市況注目された米消費者物価指数(CPI)は、前年同月比+7.0%と大幅上昇した。1982年以来約40年ぶりの高水準であり、米連邦公開市場委員会(FOMC)が3月の会合で、インフレ抑制のための利上げ開始を決定するとの観測は一段と強まった。一方、前月の数値+6.8%とはほぼ変わっておらず、事前予想されたマーケットコンセンサスの範疇だったことから発表直後は買い優勢に。ビットコイン(BTC)などリスク資産が買われる場面もあった。2013年5月には、FRBの金融引き締めの示唆で金融市場が大きく動揺する「テー...
Source: 仮想通貨ニュースサイト

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました