ディーカレット、暗号資産(仮想通貨)交換事業撤退か=日本経済新聞

ディーカレット、暗号資産事業撤退かディーカレットホールディングスは、傘下の暗号資産(仮想通貨)取引所ディーカレットの売却方針を固めた。日本経済新聞が報じた。
後発の交換業者として業績が伸びず、採算が合わなくなったことが事業売却の主要因とみられる。売却先は香港のスタートアップ企業AmberGroup。AmberGroupは、金融機関・投資家向けに暗号資産OTC取引やデリバティブなどサービスを提供しており、21年6月には、シリーズB資金調達ラウンドで1億ドル(111億円)を調達したことを発表した。21年9月に...
Source: 仮想通貨ニュースサイト

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました