ビットコイン相場分析 : ビットコインは移動平均線から綺麗に売られる、安値を守れるか正念場 | ビットバンク マーケット情報

1月13日のビットコインの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、全てのオシレーターがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日のビットコインは3.6%下落し3日ぶりの陰線を記録しました。昨日は深夜から売られる展開となり、終値は486.4万円でした。オシレーターのCCIは62で推移。Fisherはマイナス域で上昇中です。MACDは遅行線を下回った推移が続いています。ADX(33)は再び上昇し弱気トレンドの発生を示唆しています。昨日のビットコインは移動平均線に綺麗に跳ね返され下落しました。一昨日の上昇をかき消した形となり、弱い値動きが見られました。オシレーターは短期で上昇傾向は変わらず、MACDも遅行線を下回っているものの上昇しています。テクニカルは弱気示唆を維持もモメンタムは回復基調です。昨日のビットコインは下落したものの、移動平均線が推移する500万円より上位で売られる想定通りの動きでした。重要なのは今後どこで下げ止まるかでしょう。下値目処は間近安値となった460万円付近が想定されます。MACDはマイナス域で推移するも日足ではダイバージェンスが発生しているこ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました