ビットコイン相場巧者は売りポジションを撤収

マネーニュース
※本コラムは2019年10月22日に公開されたものです。
ビットコインマイナーのヘッジショートポジションと価格の関係
10月19日前後、ビットコインの動向で幾つか気になるポイントがあったので、解説したいと思います。

マイナー(と想定される)ポジション動向について少し。
通常は、買い残高から売り残高を差し引いた数字を出しているのですが、今回は売りポジションに絞って見てみました。
もともとヘッジ売り需要が入るポイントを見るのが一つの目的なので、少し視点を絞った感じですね。結果的に、以下のような推移を確認することが出来ました。

※ 右軸が売り比率です。


視覚的にも、40%割れで反発上昇と60%越で反落のセットになっていることが分かります。
もちろんマイナーのヘッジショートポジションがビットコイン価格のすべてを決めるわけではないです。
とはいえ、毎日1800BTCという巨大な売り圧力を毎日市場に浴びせているプレイヤーが、どの値位置で売りを立てて、どこで回収をしているのかは参考になります。
過去40%を割ったのは以下の日時です。


2018年9月11

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました