Bakkt、全機関投資家向けの独自仮想通貨カストディサービスを開始

マネーニュース
Bakktがカストディサービス開始

Bakktは11日、機関投資家向けのカストディビジネス(Bakkt Warehouse)を開始したことを発表した。これまではビットコイン先物のクライアントのみが「Bakkt Warehouse」を利用できた。

今回の発表によると、ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)が本サービスを正式に認可したため、先物取引に利用するビットコインを今まで保管してきたBakkt Warehouseは、Bakktの機関投資家向けレベルのサービスを活用して資産を保護したいすべての機関投資家にサービスを提供することが可能になった。

最初にカストディサービスを提供する企業は仮想通貨投資企業Galaxy Digital、Tagomi、Pantera Capitalだという。

現在、カストディビジネスにはライバルが多い。「Fidelity Digital Assets」は10月にカストディプラットフォームをローンチした。またコインベースカストディが2018年にサービスを開始しており、機関投資家向けカストディアンのXapo社を買収した効果もあって、現在7

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました