シンガポール中銀、JPモルガンらとクロスボーダー決済の新システム開発

マネーニュース
ブロックチェーンシステム、プロトタイプ開発

シンガポール金融管理局(MAS)、シンガポール中央銀行、および投資銀行大手のJPモルガンはクロスボーダー決済のためのブロックチェーンを使用したシステムのプロトタイプを開発した。

MASの発表によれば、このプロトタイプによって、同一ネットワーク上で異なる通貨で決済を実行できるようになるという。シンガポール政府が所有する投資会社のテマセック社も、MASやJPモルガンと共に開発に協力した。

MASのフィンテック最高責任者であるSopnendu Mohanty氏は以下のように述べている


ブロックチェーンベースの決済ネットワークがコスト効率を高め、ビジネスに新たな機会をもたらすことを示す証拠が増えている。


このプロトタイプの開発は支払いや証券の決済及び清算のためのブロックチェーン技術の可能性を探求する、MASとシンガポールの金融サービス業界の共同の取り組みとして2016年に始まったプロジェクト「Ubin」の全五段階の一部である。

JPモルガンの清算およびInterbank Information Networ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました