セキュリティトークンの研究で日本を代表する企業パートナー

リップル
日本最大の金融グループであり、資産規模で世界第5位の銀行である三菱UFJフィナンシャルグループは、セキュリティトークン管理に関する標準を策定するために、22のメンバーからなる研究コンソーシアムをリードしています。グループ–セキュリティトークンリサーチコンソーシアム–には、セキュリティ発行者、ブローカーディーラー、NTT Docomo Inc.やKDDI Corp.などの日本最大の電気通信会社などのテクノロジー企業が含まれます。Securitizeは、デジタルセキュリティの発行と管理を可能にする企業であり、プラットフォームのセキュリティトークンを発行する唯一の企業となります。このコンソーシアムは、債券を含む債券資産をトークン化する会社にとって最初の機会となり、Securitize CEOのCarlos DomingoはCoinDeskに、トークン化には効率性を生み出す最良の機会があると語った。このコンソーシアムは、ブロックチェーンを使用して金融取引サービスを開発、提供、およびオンボードする方法を追求しており、証券と資金の自動決済に焦点を当てています。「Progmat」と呼ばれる専用のセキ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました