健康が可視化された財産へ トークンエコノミーがもたらす本来のあり方 ~その4~

マネーニュース
今回は、微量採血デバイスを開発する、株式会社マイクロブラッドサイエンス代表取締役の大竹氏の意見を交えた執筆記事になります。

プロジェクト発足に至った背景、予防医療に関する課題や、トークンエコノミーをそこに取り入れることでどのように課題解決が図られるのかなどをテーマに、医療の専門家からみた意見をお伝えします。






大竹 圭(Kei Otake)
株式会社マイクロブラッドサイエンス
代表取締役
MBS LABTECH PTE.LTD. DIRECTOR



1973年に米国に生まれる。
幼少時に帰国、家業である貿易会社に勤務し、世界中の輸出入のビジネスを学び、出生地である米国と日本間のビジネスに興味を持ち渡米、現地で飲食店のオーナーを経て、取引先である最高峰のオーガニック農場CHINO FARMと契約し、健康食材を取り入れたライフスタイルに感銘を受ける。
帰国後、健康的な食生活と最先端のフィットネスを組合わせたパーソナルトレーナーとして活動を開始、フィットネス競技であるBest Body Japanにおいて40歳代のマスターズクラス2013年ノ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました