韓国の仮想通貨取引所CEOに実刑判決、420億円相当の投資詐欺容疑

マネーニュース
韓国の仮想通貨取引所CEOに懲役判決
韓国の聯合ニュースの報道によると、ソウル中央地方裁判所は、4000億ウォンを超える(約420億円)の投資詐欺を組織的に行ったとして、仮想通貨取引所コインアップ(Coinup)のCEO Kang Seok-jung被告に、懲役16年の判決を言い渡した。

Kang被告に加え、同取引所CFOには11年、その他上級幹部7人にも6〜9年の懲役判決を言い渡した。


コインアップ社は、仮想通貨商品に投資することで、4〜10週間後に最大200%のリターンが得られると謳い、2018年から2019年2月までに4500億ウォンを集めたとされる。

詐欺の手口は巧妙で、ソウルの展示会COEXで5,000人の参加者を集めた仮想通貨説明会を催したほか、Kang氏と文在寅大統領との合成写真を使った偽の雑誌を準備するなど、「高度に組織化」されていたという。


しかしその実態は、投資家の出資金で自転車操業的に利益を保証するポンジ・スキームに過ぎなかった。



韓国MBC放送の報道によると、これまでに確認された被害者は6,700人に及ぶが、警察が

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました