2017年と2018年のICOのリターン比較、最もパフォーマンスが高いトークンは?

リップル
仮想通貨関連スタートアップのメサリ(Messari)社が、2017年と2018年のイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を実施した銘柄のICO時点と現在のリターンの比較のレポートを発表しました。2017年のICO銘柄のリターンが下記です。2018年のリターンが下記です。出典:Messari 2018年のICOは最悪な結果にこれによると、2017年のICOパフォーマンスは良いものがありますが、2018年の案件は最悪という結果です。2017年のICOは、チェーンリンク(Chianlink)やトロン(TRON)、ゼロエックス(0x)が最も高いリターンを出したトークンで、Chainlinkに至ってはICO時点から30倍に価格が推移しています。これに対して2018年のICOは一つを除いて全てがICO時点の価格からマイナスになっています。2018年の案件がこれからプロダクトをリリースしたり成長をして、トークン価格が伸びる可能性も否定はしませんが、この2017年と2018年の案件の差はとても顕著です。2017年の中盤くらいまでのICO案件は2016年以前からプロトコルを設計していたような人たちが

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました