リップル(Ripple)がオンデマンド流動性(ODL)導入企業とパネルディスカッションを開催

リップル
リップル(Ripple)社が11月7日、シンガポールで主催するイベント「SWELL2019」にて同社のジンジャー・ベイカー(Ginger Baker)プロダクトシニアディレクターをホストとした、オンデマンド流動性(ODL)の顧客とのパネルディスカッションを実施。同イベントの様子をブログで発表した。この顧客の中には既にODLの導入を発表していたフリーランサー向けの仕事マッチングサイトであるゴーランス(goLance)やメキシコの仮想通貨取引所であるビットソー(BitSo)の他、オーストラリアの決済プラットフォームであるフラッシュFX(FlashFX)・SWELL2019内で導入を発表したペルーの銀行であるインターバンク(Interbank)も含まれている。パネルディスカッションでは、ブロックチェーンとデジタル資産技術の採用割合、ビジネスにおけるODLのインパクトと成長機会についての考え方が共有された。ブロックチェーンの力を体験できるようにSWELL2019に合わせてオンデマンド流動性の導入を発表したフラッシュFXは、オーストラリアのシドニーを拠点としている決済プラットフォームである。当初

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました