「デジタル通貨のマンハッタン計画」 ”仮想通貨のゴッドファーザー”による極秘プロジェクトとは

リップル
インタビューグーグルがスーパーコンピューターを超える「量子超越」を発表してから2週間あまり。仮想通貨業界からは「暗号技術を破るほどの実用化はまだ当分先だ」といった楽観論が多く聞かれる。しかし、油断してはいけない。イノベーションのブレークスルーは、ある日突然やってくるからだ。大切なことは、「量子コンピューターが間もなく誕生するぞ」という警告なしでいきなりXデーが訪れるということーーー。このようにコインテレグラフジャパンに語ったのは、「仮想通貨のゴットファーザー」と称されるデービッド・ショーム氏だ。ショーム氏が暗号技術に興味を持ったのは1980年代、カリフォルニア大学バークレー校で大学院生だった頃だ。当時米国の安全保障担当トップが、計算機科学の国際学会ACMなどに対して「暗号技術に関するカンファレンスを開催するな。さもなければ刑務所行きだ」と警告。学生だったショーム氏は、米政府の姿勢をみて、逆に「暗号技術は重要すぎる」と感じたという。「暗号技術とは人々を解放することであり、情報化社会の中で建設可能な唯一の壁だ。人々が自分の身を自分で守るための技術だ。」ショーム氏の行動は早かった。サンタバー

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました