スマホなしでRippleNetを介した送金 新参画企業bKashが明かす戦略:Swell 2019

リップル
bKashが見るRippleNetの強みSwell 2019 Day2に登壇したバングラデシュ発のモバイル決済企業bKashのCEOは、スマホがない送金もRippleNetに対応し、送金が可能になったと述べた。ブロックチェーンや仮想通貨と相性の良いアンバンクド人口など、より多くの送金需要にリーチできる可能性が見えてきた。bKashは昨日のRippleが公開した資料で、新しくRippleNetへの参加が判明した企業だ。バングラデシュではスマホが普及していないものの、bKashは白黒携帯やガラケーでも送金できるソリューションを開発した。アンバンク(銀行口座を持たない)世代でも携帯電話は持っているため、RippleNetを介して3600万バングラデシュ人にサービスを提供できる。その上でCEOのKamak Quadir氏は、「バングラデシュでは携帯電話のコストは14ドル(約1500円)。世界において最も民主的なツールだ」と語り、携帯電話とモバイル決済における強みと、送金コストを大幅に低減できるRippleNetの相性を強調した。これまで取り組みで、銀行を持たない人口の90%はbKashのサービ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました