2022年以降ビットコインは新段階へ、大手ファンドが仮想通貨の未来を予測

マネーニュース
仮想通貨の未来を予測

英大手仮想通貨ファンド「Coinshares」が、ビジネスや金融を取り巻く過去から現在までの状況を分析し、ビットコインの現在や将来について考察するレポートを発表した。

「個人消費者」から「機関投資」へ

主要なポイントとしては、2013年から2017年にかけて、ビットコインは「消費者」レベルで取引されていたが、2017年から2022年にかけては、「機関」による投資が進む段階だとしている。

前者の段階では、コインベースやHuobi、バイナンスなどの仮想通貨取引所が取引や決済、ウォレットやカストディを個人消費者に提供していたが、後者の段階では、Bakkt、アンカレッジ、コインベース等により、機関投資家による取引、機関投資家のためのカストディ、ビットコイン・レンディングや、オプション取引、デリバティブ取引などが広まってきたという。金融業界の大規模企業も、参入を開始している。


出典:Coinshares


上の表のように、例えばTwitter社のJack Dorsey氏がCEOを務める、Square社のCash Appではビットコイン取

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました