米仮想通貨大手三社、確定拠出年金と個人退職口座を提供へ BTCからアルトまで30銘柄に対応

マネーニュース
大手三社、確定拠出年金と個人退職口座を提供へ

米大手仮想通貨取引所コインベース、カストディ企業キングダムトラスト、オルタナティブ資産投資会社リーガルアセットの三社は連携して、仮想通貨ベースの個人退職口座(IRA)と確定拠出年金(401K口座)を米国内で提供開始することを発表した。

個人退職口座は、個人が退職後の税金を繰り延べて節約できる投資口座でアメリカの個人年金制度の一環だ。また、401Kは、雇用主が提供する確定拠出年金プランのことを示す。


コインベースの口座から上記の新たな投資口座へ直接アクセスすることができるという。
投資できる仮想通貨は30銘柄を超える。ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、XRP、ステラだけではなく、イオス、テゾス、ジリカも取り扱う。さらにトークンベースのネットワークであるChainlink、Makerなどコインベースの上場銘柄への投資も可能だ。

また、利用者は仮想通貨の選択や投資割合については自分で決定できると同時に、口座の運用マネージャーからアドバイスを受けることもできる。

保険補償付

ビットコイン個人退職口座

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました