仮想通貨NEMのアップデート「カタパルト」は2020年2〜3月

リップル
仮想通貨NEM(ネム)の技術アップデート・Catapult(カタパルト)ブロックチェーンのメインネット公開が、2020年2月から3月になることが分かった。テストネットローンチは11月27日。ネム財団やテックビューロホールディングスなどで構成されるネムマイグレーション(移行)委員会が11月15日、発表した。国内取引所ではZaifが対応発表、コインチェックも検討中発表によると、対応ウォレットは12月12日に準備完了。2020年1月3日にはブランドガイドラインなどが発表されるほか、カタパルトローンチ後の3月には将来の計画について再評価・再確認が行われるという。カタパルトへの移行でNEMのネットワークが新設され、新しいトークン「Catapult トークン」が発生する。同トークンは新規銘柄になるため、国内でどのように取り扱われるかが焦点になる。国内では仮想通貨取引所Zaifが対応の方針を明らかにしており、同社は「アップデート当日のXEMの保有残高に応じて同数量の付与を受ける権利が発生」「お客様のXEMの保有数量に応じてお客様のアカウントに”Catapult トークン”をお渡し」すると発表している

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました