テザー社、被害額150兆円の集団訴訟却下を申し立てる

マネーニュース
テザー社、集団訴訟却下求める
テザー社は仮想通貨の市場操作をめぐる集団訴訟を却下するよう、裁判所に申し立てる意思表明を行なった。テザーの公式声明で判明した。

当該の集団訴訟は、10月に起こされた、商品取引所法やアメリカの刑事法(RICO法)などに違反したと主張するものだ。

関連:テザー社らに新たな集団訴訟 仮想通貨市場操作などで150兆円以上の被害を訴える


原告側は、「テザー社とBitfinexが仮想通貨という技術の名目を謳って入り組んだスキームで投資家をだまし、市場を操縦、そして違法行為を隠蔽している」、と指摘。なお合計被害額が1.4兆ドル(150兆円相当)を超えていると主張。

集団訴訟の原告側は以前ニューヨーク当局(NYAG)が指摘したテザー裏付け資産不正扱いとテキサス大学のJohn Griffin教授らが発表した旧バージョンの論文を基に訴えているが、テザー社は今回の声明で、新バージョンの論文にも証拠などが欠けており、原告側が旧バージョンと照らし合わせていないため、集団訴訟の主張が正当性を持たないと指摘している。

先日新バーションの論文が発表され

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました