インド仮想通貨禁止法 今期国会で審議せず

マネーニュース
仮想通貨禁止法案、インドの今期国会で審議はされず。

インドにおける2019年冬期の国会は、「仮想通貨に対する禁止法案」について本格的に審議することはない様だ。国会のアジェンダに入っていないことがわかった。

今年8月時点では、11月18日から12月13日まででの国会で議員たちが当該法案を審議する予定だったが、延期するかたちになる。

仮想通貨に対する方針がまだ政府内でも統一されていないインドでは、今年6月には最大10年の禁固刑を科す、仮想通貨を全面的に禁止する法案が提出された。インドでの仮想通貨利用・取引を全面的に禁止し、刑罰も定めるものだった。

同時に、インド政府の公式デジタル通貨としてインド準備銀行が発行する「デジタルルピー」を導入することも意図している。

一方、ブロックチェーンは対象としない。ブロックチェーンを基盤とする金融アプリケーションを含む技術の開発に禁止は適用されないとしていた。


延期は政府に意見するチャンス?

インドの仮想通貨コミュニティは、今回の延期は良い兆候だと受け取っている。


Draft Bill for Bann

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました