JPモルガン、ブロックチェーンでデリバティブ取引時の担保送金を高速化

マネーニュース
JPモルガンのブロックチェーン利用

米メガバンクJPモルガンは、カリフォルニア州のフィンテック企業、バトンシステムズと協力し、デリバティブ取引用にブロックチェーン技術を取り入れ、キャッシュや担保の送金を高速で行うシステムを開発した。

従来のシステムでは、担保管理者が複数のシステムやスプレッドシート、レポートを手動で調整する必要があった。ブロックチェーン技術を応用することによって、現行の技術インフラはそのままに、カストディアンや他のファンドへの決済指示を財務システム上で統合することが可能となる。

リアルタイム処理を実現

担保ワークフローのエンドツーエンドの自動化により、JPモルガンと様々な清算期間の間における資産フローが可視化され、追跡監査やリアルタイム通知が可能になるという。差額清算に関する、事前の証拠金支払いの必要性を減らすこともできる見込みだ。


様々な処理に必要な時間も、数時間からほぼリアルタイムにまで縮減されるという。「すでに、担保ライフサイクルに関わるすべての人々に対して、より高速で効率的な決済、調整、レポートの機能を提供している」とJPモルガ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました