香港当局が唯一認めた仮想通貨ファンド

リップル
香港の証券先物委員会(Securities and Futures Commission:SFC)が仮想通貨に投資するファンドに対する初の規制を発表して1年、基準を満たすことができた企業は1社しか存在していない。ロイター(Reuters)の調査によれば、香港を拠点とするデジネックス(Diginex)は、2018年11月に発行され、2019年10月に正式化された規制上の障害を乗り越えることができた唯一の仮想通貨ファンドである。当時CoinDeskが報じた通り2018年の枠組みは、ポートフォリオの10%以上をバーチャル・アセットに投資するファンド向けに新しい規則を採用した。2019年10月に発行された37ページに及ぶガイダンスは、手持ちの資本準備金など、SFCが監督しているファンドがすでに遵守する多くの標準的慣習を採用している。新しい規則は例えば、暗号資産向けにカストディアンとなることができるのは誰かといった規定である。それでも今のところ、SFCの設けた基準を満たすことができたのは1社のみであり、他のファンドはSFCを「回避」するために香港から撤退している、とロイターは伝えている。さらにロ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました