規制側から推進側に──リブラに懸念を示した欧州中央銀行の高官、国際決済銀行のイノベーション推進責任者に

リップル
欧州中央銀行(ECB)の専務理事をまもなく退任するブノワ・クーレ(Benoit Coeure)氏はデジタル通貨に代表されるフィンテックのメリットをリサーチするグローバルな新しい取り組みを率いる。国際決済銀行(BIS)は2019年11月10日(現地時間)、クーレ氏は「イノベーティブな金融テクノロジーにおける中央銀行間の国際協力を促進するために設立された」BISイノベーション・ハブ(BIS Innovation Hub)の責任者となると発表した。最初の任期は5年、2020年1月からスタートする。クーレ氏は声明で以下のように述べた。「BISに参加できることを大変うれしく思っている。テクノロジーが急速に変化しているこの時期に、私の専門知識をグローバルな中央銀行コミュニティーに提供できることを楽しみにしている。我々は金融の安定を支え、金融包摂(ファイナンシャル・インクルージョン)を推進するためにイノベーションのベスト・ユースを作らなければならない」イノベーション・ハブには、中央銀行の運用にメリットをもたらし、また公共インフラを開発して中央銀行のオペレーションを向上させることができる、フィンテック

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました