続落するビットコインに反転の兆しも 今後のBTC市場の展望は?|仮想通貨市況(タキオン)

マネーニュース
ビットコイン分析
まずは、ビットコイン(BTC)市況分析から。
テクニカル分析


10月26日の10500ドルへの暴騰後、じわじわと下落を続けて8350ドルまで下落。10月に長期間滞在した8000~8500ドル付近の価格帯に逆戻りしたBTC市場。出来高は減少傾向であり、短期的には方向感のない値動きが続いている。
日足チャートで見ると、指数平滑移動平均線(EMA)は25日、100日、200日ともに8600~9200ドル付近に集中しており、ビットコインの動きが長期に渡って停滞かつ方向感を失っていることを示している。移動平均線の向きも上でもなく下でもなく横を向いており、方向感のなさを如実に表わしている。
日足の一目均衡表も雲の中におり、一目均衡表でも方向感のない動きであることを示唆。一方、12月上旬以降は一目均衡表の雲も薄い状況に移行するため、上下への抵抗力弱まることが予想されるため、12月以降は新たな方向性が生まれるタイミングと考えることもできる。
ケース別で見た場合、下落が続くケースでは、10月に揉んだ価格帯である8000ドル付近と、6月安値を7500ドルが意識される価

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました