対リブラで必要なこととは:香港規制当局トップ

リップル
香港の証券規制当局は、「規制の差による真のリスク」に対抗するために、世界中の規制当局がフェイスブック(Facebook)のリブラ(Libra)に対し一枚岩の対応を行う必要があると述べた。香港証券先物委員会(SFC)のトップであるアシュリー・アルダー(Ashley Alder)氏は2019年11月6日(現地時間)、香港フィンテック・ウィーク(Hong Kong Fintech week)でのスピーチにおいて、リブラやその他の巨大ハイテク企業「ビッグテック」のステーブルコインプロジェクトは、世界中で足並みの揃わない金融規制当局に深刻な脅威をもたらす、と述べた。各国が国内のアンチマネーロンダリング法や消費者保護法を強化した際ではなく、そのような対応が一部の国に限られた場合にリスクが発生する、とアルダー氏は指摘した。よりゆるやかな規制を持つ国家を求めて企業が厳格な規制のある法域から逃げていくという「規制逃れ」の脅威を説明して、アルダー氏は次のように述べた。「小売ステーブルコインがある法域で、証券、支払いシステム、ファンド、取引プラットフォーム、その他のカテゴリー(またはこれらの組み合わせ)とし

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました