「米国の税政変更は仮想通貨ステーキングを促進」米バージニア大学教授=TheBlock Daily

マネーニュース
米国の税政策の変更とPoSの可能性:米大学教授の論点



仮想通貨コンセンサスアルゴリズム:Proof of Work(PoW)とProof of Stake(PoS)に関する最大の論点は、必然的に税金に関する議論に帰着すると見られる。

米名門バージニア大学法学部のAbe Sutherland教授が最近発表した論文によると、PoSによるステーキング報酬は所得として課税されるべきではなく、生み出された資産として課税されるべきである。マイナー(採掘者)によるステーキングネットワークの採用や、エネルギー節約、イノベーション等を促進するインセンティブに該当すると指摘した。

PoWプロトコルでは、マイナーはブロック生成とブロック報酬の支払いを可能にするランダムな整数で構成された正しい「ナンス」を見つけるために競争している。
通常、確率的に最も強力な総計算能力を持つコンピューターが勝つ仕組みになっている。つまり、ハッシュパワーの20%をコントロールすることで、長期的には競争のうち、約20%に勝つことが期待できる。



このため、PoWプロトコルは膨大な量のエネルギ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました