資産目標残高2000万円以上の割合、1970年以降最高に=日本の世論調査

マネーニュース
資産目標残高2000万円以上の割合、1970年以降最高に
金融広報中央委員会(事務局・日本銀行)が「家計の金融行動に関する世論調査」を発表。金融資産の目標残高を2000万円以上3000万円未満に設定する2人以上の世帯割合が、1970年以降最高の14.9%に拡大していることがわかった。(前年10.1%)
6月に公表された金融審議会ワーキンググループの報告書の公的年金以外に2000万円の貯蓄が必要だとする報告を受け、国民が将来の貯蓄へ意識を高めた可能性もある。
世論調査では、「老後背の生活への心配があるか」とする調査で、『心配がある』と回答した世帯が81.2%と前回比で上昇。うち73.3%が「年金や保険が十分ではないから」との回答を選んだ(前回72.3%)。
今回の調査対象にあがる金融資産には、預貯金や保険、有価証券、その他の金融商品が含まれるが、金融資産の構成比率では有価証券が4年連続で増加、19.6%を記録した。
「元本割れを起こす可能性があるが、収益性の高いと見込まれる金融資産の保有するか」の調査でも、そのような商品を保有しようと思わないが78.9%と最も高かったが、一部の

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました