中国動向も相場の重し、ビットコイン(BTC)は心理的節目8000ドルまで下落|仮想通貨市況

マネーニュース




ビットコイン(BTC)市況



11月以降右肩下がりのビットコイン(BTC)は再び大陰線を形成した。心理的節目で反発するも、中国の動向も相場の重しに。アルトコイン市場を含め、積極的な「買い手」不在が露呈している。









仮想通貨市況


米証券取引委員会(SEC)が、BitwiseのビットコインETF再審査を発表した。
SECコミッショナーの意向が反映されている可能性が考えられ、パブリックコメントの提出期限は12月18日までとなるが、現時点で承認される可能性は低いものとみられる。

ETFとは、「Exchange Traded Funds」の略で、ビットコインを投資対象に含んだ上場投資信託のことを指す。証券取引所への上場で、株の売買と同様に取引ができるため、実現のハードルは高いものの、実現すれば市場に多様性と新たな流動性をもたらすとして期待されている。



中国市場活性化の兆候
世界最大のデリバティ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました