仮想通貨にも採用「MimbleWimble」の匿名性に欠陥か、対応策も

マネーニュース
ソフトウェア研究者が仮想通貨GRINへの攻撃で証明

プライバシー強化とスケーラビリティ改善機能で注目を集めるプロトコル「ミンブルウィンブル(MW)」の匿名性モデルには根本的な欠陥があると元グーグルのソフトウェアエンジニアが指摘し、MWを実装した仮想通貨GRINのトランザクションアドレスを正確に発見して見せることで証明した。

Mimble Wimbleは仮想通貨の取引の際に送信者・受信者のアドレス、取引額の情報が公開されないようにする匿名化技術の一つであり、2016年にTom Elvis Jedusor(仮名)というハッカーが生み出した基本設計にBlockstream研究者のAndrew Poelstra氏が改善を加えて開発された。その後プライバシーコインとして知られるGRINやBEAMに実装されライトコインへの導入も正式に提案されるなど、有望な可能性を持つプロトコルとしての認識が高まっている。

関連:リクルートが匿名仮想通貨プロジェクトBeamへ出資|匿名技術MimbleWimbleとは

一方でMWにはプライバシーの面で脆弱性を持つ可能性が複数の研究者より指摘さ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました