米国初の登録済ビットコイン投信が誕生する可能性 米グレースケールがSECへ登録申請

マネーニュース
ビットコイン投信をSECに申請

米大手仮想通貨投資ファンドのグレースケールは19日、米証券取引委員会(SEC)にビットコイン投資信託(GBTC)を登録するための申請を行なった。認可されれば、米国初の登録済仮想通貨投資信託が誕生する。

GBTCは2013年に、SECへの登録が必要ない私募の形式で提供が開始され、その後2015年に米金融取引業規制機構(FINRA)の承認を得て、一般販売された金融商品だ。今回SECへの申請企業として、提供する投資信託が認可されれば、仮想通貨業界では初の事例になるとグレースケールは説明している。認可後は、新たに財務状況の監査結果や大きな更新がある場合の報告が必要だ。

グレースケールの管理部門のトップMichael Sonnenshein氏は、今回の申請はGBTCを上場投資信託(ETF)に変えることを意図したものではないことを強調している。
SECに監督されるようになれば、GBTCがポピュラーな投資商品になり、投資家にとって馴染みあるものになると、今回の申請の目的を語っている。今回の認可がおりれば、投資家にはより多くの情報が提供されるようにな

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました