80億円規模のBTC匿名ファンドが誕生 プライバシー保護でFacebookらに対抗

リップル
プライバシー保護に取り組む匿名組織グーグルやフェイスブックなどの国際的企業および組織に対抗、プライベート権利と自由を保護する目的で匿名ファンドが立ち上がった。匿名ファンドの名前は、「Unknown Fund」。プライバシー保護に取り組む企業・組織に、ビットコイン(BTC)で7500万ドル(約80億円)の出資を予定する。具体的には、これらの活動に取り組むスタートアップへの投資か、非営利組織への寄付を行うという。匿名という概念を支持することはもちろん、個人情報の保護への取り組みと、匿名の維持や仮想通貨・ブロックチェーンに利用できるツールを優遇する。今回の発表は始まりに過ぎず、今後も多くの戦略や計画を次々に発表すると述べた。個人情報保護など、プライバシー面でGAFAなどへ対抗していくことで、個人データを保護し、世論操作などの阻止も視野に入れる。ブロックチェーンや仮想通貨が提供する技術は、権利や自由を守ることに役立つと考えており、今こそ新しくて誠実な金融システムを作り、世界をより良くするチャンスだと説明。本組織のホームページには出資を申請するためのリンクがあり、そこをクリックするとメールが送信

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました