公式SNS凍結、再び規制強化か──中国とブロックチェーンの複雑な関係

リップル
中国の金融規制当局は、習近平国家主席のブロックチェーン・テクノロジーを積極的に推進するとの発言が仮想通貨分野への投機を復活させた後、再び仮想通貨取引を厳しく取り締まるようだ。仮想通貨取引に関わる組織を捜索上海各地区の規制当局は11月22日(現地時間)までに現地の仮想通貨関連サービスを捜索・調査し、さらなるアクションに向け中央銀行に報告しなければならない。上海の金融規制当局と中国人民銀行の上海支局が署名した通知にはそう記されている。通知は11月15日、オンラインで注目を集め、中国のビジネスメディア「財新」も同日夜の記事でその情報の信頼性を報じた。財新によると、この取り組みは上海市人民政府財務局が主導している。この動きはブロックチェーン技術と中国の複雑な関係を浮き彫りにした。11月はじめ、習主席は国民に「ブロックチェーン技術の開発を加速させる」と呼びかけた。中国は長い間、ビットコイン・マイナーにとって最適な場所となっている。その一方で、中国政府は2年前、仮想通貨バブルの頂点とも言える時期に、仮想通貨と法定通貨の取引およびICO(イニシャル・コイン・オファリング)を禁じた。仮想通貨間の取引は

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました